カテゴリー:原油CFD
ホームPage 2 / 3123

原油について興味深い記事があったのでご紹介しておきます。
WTI原油再び20ドル割れ!原油の需給予測を読み解く
この記事では米国エネルギー省が公表している世界の原油需給予測やそれに基づく価格予測を紹介しています。
とは言え、米国エネルギー省が公表したのは4/7日ですが、その後4/12に石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国が日産970万バレルの減産に合意しています。

米国エネルギー省が公表している「エネルギー見通し」を見ると世界の原油需給予測が確認できます。4/7にリリースされた資料によると5月までは10百万バレル/日以上需要が不足している状況が続き、8月までは供給が需要を上回り続けます。

例えば6月の生産量を見ると9960万バレル。それに対して需要が9345万バレルとなっています。
ちなみに2019年6月の生産量1億38万バレル。需要は1億54万バレルでした。
表をみると3月4月5月は需要が極端に落ち込んでいますが4月5月あたりが底で6月あたりから持ち直すような感じになっています。

楽観できないのは次のレポートです。

さらに4/15市場にインパクトを与えたのは国際エネルギー機関(IEA)が公表した4月の石油市場レポートです。レポートでは2020年の石油需要は前年比9.3百万バレル/日減少すると予想されており、米国エネルギー省の見通しよりも悲観的なものとなっておりました。

このあたりの解説も記事にはもう少し詳しく書いてありますので興味のある方は読んでみてください。
米国エネルギー省の予測に今回の減産合意を加味すると6月は需要が上回る結果となりますが。
確かに先物価格は大きくコンタンゴになっています。6月もので24ドル前後、7月もので29ドル前後、8月もので30ドル台ですが、昨年6月頃は原油価格は50ドル台を推移していました。
仮に本当に11月に30ドルになるとしてもコンタンゴがこれだけ大きいと30ドル以上に上昇してくれないとあまり旨味がありません。
先物価格https://www.cmegroup.com/ja/trading/energy/crude-oil/light-sweet-crude_quotes_globex.html

原油CFDの価格調整が行われました。
結局OPECプラスの会合で減産の合意はなされたものの減産量が期待外れだった為、価格は下落に転じました。
一見上がったように見えますが、これは価格調整によるマジックです。

GMOクリックの原油CFDの価格調整が4/16日に行われるようです。

この限月変更に伴い、価格調整日である2020年4月16日(木曜日)のニューヨーククローズ時点で未決済の建玉に対し、価格調整額が受払されます。

ちなみにやはり本来の先物期限より前倒しで行われるようです。
WTI原油先物の期限はこちらで見る事ができます。→https://www.cmegroup.com/ja/trading/energy/crude-oil/light-sweet-crude_product_calendar_futures.html
今回はこのままでいけば大幅なコンタンゴで売り保有でかなり価格調整額が貰えそうですが、損益自体に影響はありません。
https://www.cmegroup.com/ja/trading/energy/crude-oil/light-sweet-crude.html
現在5月ものが20.47、6月ものが27.52で取引されています。
5月20.47
6月27.53
7月32
これだけコンタンゴの幅が大きいとさすがに長期買持にはかなり不利に働きそうです。

先日このような記事を書きましたが原油のコンタンゴでスワップを貰わなくてよかったのか?という話、スワップを貰うためではなくOPECにあわせて両建てを実際してみましたが、当初予想していたように方張りになりひどい目にあいました(笑)
多分こうなるだろうと思い打診程度にやっていたのでよかったですが、それでも建て玉自体がそれなりなので結構な損失でした。

OPECの会合前に原油市場が乱高下し、まず買い玉の先物が丁度逆指値でロスカットされすぐに値が戻る→仕方ないのでベアのノックアウトオプションを薄利で撤退=損失
さらに、まだOPECは始まっていなかったので再度セット。会合が始まりサウジとロシアが減産合意で今度は一気に上昇しベアのノックアウトオプションを損切りし買い玉のみ、が、すぐに下がり始め買い玉薄利撤退=損失
というお茶目な展開に我ながら笑うしかない(笑)
まあ体のいいストップ狩りみたいなものでしょうか。結局減産の内容も期待外れで急騰も暴落もしなかったので単純に買いか売りでもよかったというオチでした。

IG証券では原油のノックアウトオプションおよび原油先物のCFDも証拠金がアップされているようで(正直分かりにくい)、証拠金の安い海外のFX業者を使ってみようと思い証拠金などの備忘録です。

クレジットカードで入金でき、出金は日本の銀行に円でできるということで昨年から
GemForexという業者でS&P500や日経平均のCFDをたまに取引しています。この業者ではWTI原油も扱っていました。

証拠金1.5%
取引時間 GMT+2 01:00 - 24:00 月曜開場01:00 金曜閉場23:15
要するに朝8時から翌7時まで
1ロット100なので現在30万程度の建て玉を5000円弱で取引できる計算になります。
スワップなどはなし。

ホームPage 2 / 3123