米国VIブルはご存知の通りUVXYを参照していますが、UVXYにも早期償還条項があるという記事を見かけました。
VIXショートの機会をうかがっている方にとっては気になる点だと思い改めて確認しておきたいと思います。

実際に早期償還条項があるのかどうか確認することはできませんでしたが、もし早期償還される場合は当然米国VIブルもその影響を受けるものと思われます。
とはいえ、その際参照されるのはVIX指数そのものではなくVIX短期先物指数になるはずです(UVXYはVIX短期先物指数の1.5倍に連動)。
従って結果としてはVIX先物の動きに左右されることとなります。
XIVの早期償還などと同様だとすると、例えば前日比-80%で強制償還などになると思われます。
すると概ねVXXが-55%程度下落する必要があります(VXXに連動しているわけではありませんので念のため)。

VIX指数自体は例えば3/16の終値ベースで前日比40%以上をつけたりしますので前日比50%下落もあり得なくはないでしょう。

VIXショック時のVIX指数は前日比115%上昇で終わっていますが、VIX短期先物指数は56.28→110.37に上昇しています。率にすると96%ほど上昇という結果です。VIX先物は期近が110%以上上昇しています。

VXXが-55%下落するにはVIX短期先物指数もそれくらい下がらなければいけません。その為にはVIX先物は期近はそれ以上下落する必要があります。
そうなると70%前後の下落が必要になりそうです。