原油CFDの価格調整が行われました。
結局OPECプラスの会合で減産の合意はなされたものの減産量が期待外れだった為、価格は下落に転じました。
一見上がったように見えますが、これは価格調整によるマジックです。

GMOクリックの原油CFDの価格調整が4/16日に行われるようです。

この限月変更に伴い、価格調整日である2020年4月16日(木曜日)のニューヨーククローズ時点で未決済の建玉に対し、価格調整額が受払されます。

ちなみにやはり本来の先物期限より前倒しで行われるようです。
WTI原油先物の期限はこちらで見る事ができます。→https://www.cmegroup.com/ja/trading/energy/crude-oil/light-sweet-crude_product_calendar_futures.html
今回はこのままでいけば大幅なコンタンゴで売り保有でかなり価格調整額が貰えそうですが、損益自体に影響はありません。
https://www.cmegroup.com/ja/trading/energy/crude-oil/light-sweet-crude.html
現在5月ものが20.47、6月ものが27.52で取引されています。
5月20.47
6月27.53
7月32
これだけコンタンゴの幅が大きいとさすがに長期買持にはかなり不利に働きそうです。