原油先物価格がマイナスになりました。GMOクリックの原油CFDは既に6月限を参照しているのでまだ20ドル台を維持しています。
今回のマイナス価格がついたのは原油先物の5月限で、期限が4/21日なのでイレギュラーな事態のようですが、マイナス価格がつくと一体どうなるのでしょうか?
こちらに分かりやすい解説がありました→原油先物のマイナス価格とは
WTI原油、時間外でプラス圏に戻す 通常取引で一時マイナス40ドル

相場がマイナスの場合、原油の買い手は原油とともに現金を受け取り、また売り手は買い手に現金を支払う。

5月限を買っていた投資家は、21日の最終取引までに反対売買などで持ち高を処分しない場合、5月に原油の現物を受け取ることになる。

我々はCFDなどで差金決済をするのでイメージが湧きにくいですが、要するにWTI原油先物は満期がくれば現渡しが基本なようです。
先物の売り手は現物を買い手に引き渡す義務が生じます。逆に言うと買い手は現物を必ず引き取らなければなりません。
一般的には現物を持っている業者さんが先物を売る場合はヘッジ売りが多いと思いますが、期限がくれば現物を引き渡して決済することになります。
差金決済だとここで価格差のみを受け渡すことになりますので価格が下がれば儲けですし、上がれば損ですが、現渡しなので売った金額が手に入り、現物を引き渡して終わりですね。
今回の場合は記事によれば現物の保管場所に困り買い方にお金払ってでも引き取ってもらいたいということでマイナス価格になったということです。
逆に言えば買い方も現物引き取っても保管場所がないし、そもそもですが暴落している先物を買う業者さんも投機を除きほとんどいないでしょうし、どんどん価格が下落していき更には大人のパワープレイも相まってマイナスまでいったのでしょう。
さて、ここで一つ疑問が湧きます。
先物を買っていて価格が下落すれば損しますが、マイナスになった場合はじゃあ儲かるのかってことです。
一時マイナス30ドル以上の値がついていますが、この時点で仮に買ったとしてもお金が貰えることになり代わりに現物を引き取ることになりますが、そこで現物市場でタダ同然で売却したって利益になりますよね。記事にもその点少し触れられていますがこれは最終的に現物を引き取る場合の話です。
問題は我々のようにCFD売買をしていた場合はどうなるかってことですよね。
IG証券ではWTI原油先物のCFDを扱っており5月限もありましたが現在はすでになくなっています。
マイナス価格のときに買い、さらに価格がマイナス方向へいくと利益になるってことなんでしょうか。
また、私のように25ドルくらいで買っていた人はマイナス30ドルになったとき売っていたらどうなっていたのか。原油市場の鉄火場ぶりに恐れをなして既に損切りしていますので経過を報告できないのが残念ですが。

GMOクリックの場合は原油先物を対象とするCFDはVIX先物と同様期先の先物へ切り替えるタイミングが本来の満期より前倒しで行われますが、満期直前は値がとんだりすることがあるのでそのあたりも考慮されているのかもしれません。

実はすでに原油価格がマイナス価格になるかもといわれていたようですね。
原油市場の新たな恐怖:「マイナス価格」に現実味